めまい 頭痛 何科

めまいや頭痛は何科を受診すべきか

スポンサーリンク

近年の社会状況の劇的な変化により心身ともに追いつかない傾向にあります。
その結果として様々な疾患を発症してしまいます。
特に女性の方は体内バランスが男性以上にデリケートなため、ちょっとした事でダウンしてしまうケースが多いです。
今回は仕事されてる方に比較的多いめまいや頭痛についてお話しします。
まずはめまいからです。
夏に限定されますが熱中症が挙げられます。
室内でも体温が上がりやすい体質、空調が十分でないと起きやすくフラフラしてきます。
次にダイエットなどで空腹を無理やり我慢したりしていると低血糖になってボーっとしてきます。
いくら食事制限でも何も食べないのは逆効果です。
あと一つは耳や脳の疾患によるめまいです。
というのは耳の周辺には想像以上に神経が集まっており耳の疾患が別の部分に悪影響を及ぼしてめまいの原因になったりもします。
頭痛の原因はいくつかあり、頭の左右にどちらかが痛い片頭痛、高・低血圧な方なら、それらに伴う疾患が原因で痛くなる事もあります。
あとは精神的なストレスによる緊張性頭痛というのもあり、こちらは同時にめまいの原因にもなります。

スポンサーリンク

さて早めの医療機関受診が大切ですが何科を受診すべきか迷うと思います。
もし前述の様に高血圧とか耳の疾患とか明らかに原因に心当たりがあるのでしたら内科、耳鼻咽喉科などに行けば良いのかも知れませんが、テレビでも見られた方もいるかと思いますが必ずしも適切かどうかは分かりません。
では何科へ行けば良いのかと言いますと、取り敢えず脳神経外科へ行かれることをオススメします。
というのも先ほどの耳の例を挙げたように耳周辺の神経は脳にも繋がっているので耳が原因と思ったら脳が原因だったという事も少なくありません。
また、これもテレビなどで時々放映されますが脳の疾患は早期受診が回復の絶対必要条件です。
回り道して他の科を受診している間に病状が進行してしまうくらいなら、最初から脳神経外科を受診したほうが良いです。
勿論、腕の良い所でないと意味がありません。
もし脳が原因でなく他の部分なら何科を受診すれば良いのかも適切に教えてくれるはずだからです。
めまいにしろ頭痛にしろ一過性の物なら気にすることも無いのかも知れませんが、少しでもおかしいなと思ったら早期に適切な受診をしてください。

スポンサーリンク