拍動性耳鳴り 原因

拍動性耳鳴りの原因を検査で探る

スポンサーリンク

鼓膜を伝い、中耳から大脳の聴覚中枢へと電気信号が変換されることで音を感じることができますが、耳から伝わる振動にはザーザーと水が流れているような拍動音を感じ取る場合があり、耳鼻咽喉科などの医療機関において拍動性耳鳴りと診断されるケースが挙げられています。
拍動性耳鳴りの水の流れに聞こえる音源は血液の流れによるものが多く、一般的に血管性耳鳴と呼ばれておりその原因も様々で、動静脈奇形やグロームス腫瘍などの病気から引き起こされている場合もあるために自覚症状がある内に医療機関にて検査を受けることは重要視されています。
他覚的耳鳴では、脳内の病気が発見される率も高く、CTなどで原因を突き止め、早期発見・早期治療で回復へと導くことが可能です。
拍動性耳鳴りの症状にも、めまいや吐き気などの耳鳴り以外の症状を併発しやすくなります。
原因不明な場合も多く、治療法や治療期間にも差が生じやすく、長期的な治療を視野に入れておくことも大切ですし、心臓病や高血圧などの現代病が引き金となっている可能性も挙げられており、両方からのアプローチを必要とする場合も実情として挙げられています。

スポンサーリンク

特に拍動性耳鳴りは医師への伝え方もポイントとなり、いつ・どのような時・どんな音が聞こえるのか、また治まる時間帯などもチェックしておき、情報として伝えることが改善や治療方針を固めるためにも役立てられます。
耳周辺の血管の動脈硬化などによって血管が狭窄され、血流が悪くなることでザーザーとした血液の流れる耳鳴りが発生するため、血管拡張の薬剤が用いられるケースが多いものの、肥満体型の方に多いのが良性頭蓋内圧亢進症による耳鳴りです。
不快な症状に見舞われるため、日頃から行える対策としては規則正しい生活を意識し、体調管理や体型管理のためにも食事制限を行うことや、昼夜問わず耳鳴りに悩まされることでストレスが加わりやすくなり、交感神経などのバランスを保つための自律神経が乱れてしまいやすくなるため、コンサートホールやクラブなどの大音量での音響施設などの環境下を避けることや、飲酒や喫煙などを控えることなども必要となります。

スポンサーリンク