片耳 耳鳴り ピー

ピーという高音が片耳だけ続く耳鳴りの症状について

スポンサーリンク

頭のなかでピーやキーンといった高音が聞こえることがはいでしょうか。
それらの症状は総称して耳鳴りと呼ばれ、多くの人が経験したことがあるかと思います。
耳鳴りは、一般的に上記のような高音が聞こえるといった症状が多いですが、人によって様々な症状があります。
ブーンという低温の音が聞こえる、わんわんと響くような音が聞こえる、片耳だけに高音が聞こえる、などがその一例です。
また、耳鳴りの原因は実ははっきりと解明されていません。
ストレスや睡眠不足などによる幻聴のようなものという考えもあれば、幽霊が通ったときに波長が刺激を受けて聞こえるもの、というスピリチュアルな面からの見解もあります。
しかし、決して異常な現象ではありません。
時に疲れているのかな、という指標になってリラックスすることを促してくれたり、耳の何らかの異常を知らせているという役割になることもあります。
耳鳴りがした場合でも決して不安にならず、賢く症状と付き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク

しかし、単なる耳鳴りの症状が、何らかの病気のサインであることがあります。
それは、ピーという高音が片耳だけ聞こえ、その症状が慢性的に続く場合です。
片耳だけに音が聞こえる、という症状はよく見られますが、いつも同じ方の耳であり、長期間に渡ってその症状が続く場合、どちらかが内耳炎と呼ばれる耳のトラブルである可能性があります。
耳の中にある内耳と呼ばれる場所がむくんだり、炎症をおこしていたりすると、空気の振動が鼓膜を揺らしたときに、ピーという高温が聞こえます。
このような症状が見られた場合には、病院へ行き、適切な治療を行うことが重要です。
また、両耳で耳鳴りが慢性的に続く、という場合も、一度検査を受けることをオススメします。
何らかの耳の病気である場合、放置しておくと難聴になってしまったり、手術をしなくてはならなくなったりする場合もあります。
気になる場合はすぐに病院へ行き、医師の正確な診断を受けることをオススメします。

スポンサーリンク