耳鳴り 高音 ずっと ピー

ずっとピーという高音の耳鳴りがする

スポンサーリンク

昼夜問わずの耳鳴りは、精神的にも負担が多い疾患です。
耳鳴りにも色々な原因があります。
また、聞こえる音もそれぞれだと思います。
例えば、キーンやピーという高音のものから、ボーという低音の船の汽笛みたいな音まで様々です。
突然耳鳴りに悩まされるようになった場合、突発性難聴が考えられるかもしれません。
突発性難聴とは、ある日突然耳が聞こえないあるいは聞こえにくくなった、など聴力に問題が出ることです。
まだ明確な原因はわかってはいません。
難聴にも2種類あって、耳の外耳と中耳に疾患がある場合「伝音難聴」といい、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎、耳垢栓塞があげられます。
外耳や中耳に異常は認められず内耳に原因がある場合「感音難聴」といわれ、主に突発性難聴、メニエール病、老人性難聴などがあります。
突発性難聴は感音難聴に入るので、内耳に何らかの原因があると考えられています。
突発性難聴は、特定疾患の一つに指定されている難病でもあります。

スポンサーリンク

ピーという高音の耳鳴りが、時間を問わずずっと鳴り響いている状態は精神的にも負担が大きすぎます。
早めに医療機関で受診をし、治療にあたるようにしましょう。
医療機関では耳鼻科の診察を受けて、どこに原因があるのか、また、他に症状は出ていないか検査してもらいましょう。
もし、突発性難聴との診断が下った場合、確実な原因は特定できてないのが現状です。
しかし、ピーという高音がずっと出ているのは、内耳に障害が起こっている事はわかっています。
そのことから2つの説が有力視されています。
1つは毛細血管が何らかの理由で妨害されて、血液が十分に行き届かず機能不全が起こっている。
2つ目はウイルスなどの感染によるものです。
症状として、突然ピーという高音の耳鳴りと共に音が聞き取りにくいということがずっと続きます。
また、他にもめまいや吐き気などの症状も出たりします。
内耳は脳にも近いので脳の血流もあまり良くない状態なのかもしれません。
また、老人性難聴の可能性もあります。
何れにしろ、医療機関での早めの受診をお勧めします。

スポンサーリンク