耳鳴りが止まらない 低音 原因

低音の耳鳴りが止まらない原因はストレスやメニエール病の可能性

スポンサーリンク

誰にでも耳鳴りが起こることはあります。
耳鳴りには断続的に起こる場合と継続的に起こる場合があります。
断続的に起こる場合は主にストレスや疲れがたまり、それが原因で発症します。
寝不足や季節の変わり目などにも発症します。
これは気候の変化によって自律神経が乱れて耳鳴りが起こるのです。
このような場合は多めに休憩をとって、温度管理をすると改善します。
継続的に起こる場合で低音の耳鳴りが止まらない場合は、ストレスが原因になっていることが多いです。
ストレスの場合は休んでいると自然に治ります。
それでも低音の耳鳴りが止まらない場合は、ストレス以外の原因が考えられます。
よくあるのはメニエール病です。
メニエール病というのは耳の内部で異常が起こって音が聞こえづらくなり、それが耳鳴りとなって発症するのです。
それほど多い事例ではありませんが、治療が遅れると治りづらくなるので低音の耳鳴りが止まらない場合は早めに専門医の診察を受けた方がよいです。

スポンサーリンク

低音の耳鳴りが止まらない症状は、30代や40代の女性に多く発症する傾向があります。
これは仕事や育児や家事などのストレスがたまっているのが原因だからです。
自分一人で苦しみを抱え込まないで、夫や家族に相談して家事の分担や育児の協力を得ることが必要です。
耳鳴りが止まらないと自分自身にストレスがかかってきます。
一日中耳鳴りがしているのでそれを自分でコントロールする必要があり、それだけでも心身ともにストレスで疲弊してしまいます。
耳鳴りというのは他人にはわからないので、余計にストレスになりやすいのです。
ですから一人で抱え込まないで、家族の理解を求める必要があります。
低音の耳鳴りはメニエール病の可能性もありますが、その他に耳管狭窄症の恐れもあります。
これは風邪をひいたり副鼻腔炎が原因で発症することが多いのです。
耳閉感を感じたり、自分の呼吸音が聞こえたりするのでかなりストレスになります。
早めに耳鼻咽喉科で診てもらう必要があります。

スポンサーリンク