めまい ふわふわ 何科

ふわふわした感じのめまいは何科を受診すればいいのか

スポンサーリンク

めまいの種類は大きく分けてふたつあります。
ひとつめはぐるぐるする回転性のものです。
この場合は耳に関係することが多いので、何科を受診するべきかといえば、耳鼻咽喉科になります。
考えられる疾患としては、内耳の前庭にある耳石が身体のバランスを保つ器官である三半規管に入り込んで起きる良性発作性頭位めまい症、内耳を満たしているリンパ液が増えすぎてリンパ水腫になることによって生じるメニエール病、身体のバランスを保つ情報を脳に伝える前庭神経が炎症を起こす前庭神経炎、脳を保護している髄液が内リンパ腔に漏れる外リンパろう、中耳炎の炎症が内耳に及んだ場合などがあります。
ふたつめはふわふわする感じの浮動性のもので、ストレスや睡眠不足で過労になっているときに起きやすいのですが、脳の病気で起きることもあります。
脳出血や脳梗塞の場合は、小脳や脳幹への血流が不足して十分な働きができなくなることによって起こります。
同時にろれつがまわらなくなったり、意識障害、麻痺、運動障害なども伴います。
何科かといえば、緊急性を要しますから救急車で脳神経外科を受診します。

スポンサーリンク

脳への血流不全を起こす椎骨脳底動脈循環不全の場合は、回転性のめまいが多いのですが、ふわふわしたもの、目の前が暗くなるといった症状も出現します。
身体を動かしたり首を回したりすることによってめまいが出ることがあり、難聴や耳鳴りなどの症状はほとんどありません。
脳腫瘍が原因の場合もあります。
ふわふわしたものが最も出現しやすく、平衡感覚が障害されます。
激しいものはほとんど見られません。
聴神経腫瘍によるものが最も多く、難聴や耳鳴り、顔面の違和感なども同時に起こることがあります。
脳の病気を疑う場合何科を受診すればいいかというと、神経内科や脳神経外科になります。
それ以外の病気でもめまいが生じることがあります。
血圧の急減な変動はめまいを起こす原因になります。
高血圧症で血圧コントロールが十分でない場合、血圧があがりすぎてふわふわした感じになることもあれば、降圧剤の影響で血圧が下がりすぎてふわふわする場合もあります。
循環器内科を受診するか、すでに受診して降圧剤をもらっている場合は主治医に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク