耳鳴り 低音 片耳

片耳に低音の耳鳴りが聴こえる原因と対処法

スポンサーリンク

ゴーやボーと言った低音の耳鳴りが「片耳」だけに現れる場合、その発生にはいくつかの原因が考えられます。
まず考えられる原因が「気圧の変化」です。
飛行機に乗った時やJRでトンネルに入った時などに、耳に圧がかかり耳鳴りが聞こえたという経験が、誰しも一度はあるのではないでしょうか。
気圧の変化が原因の場合、その症状は一時的なことがほとんどであり、すぐに症状はおさまります。
また唾を勢いよく飲みこむとで、改善することもあります。
全く症状が改善しない、低音が聞こえ続ける場合は、気圧の変化の影響が鼓膜にまで及んでいるケースもありますので、すぐに耳鼻科を受診しましょう。
次に「肩こり」も片耳にだけの低音の耳鳴りが聞こえる原因とされています。
この場合肩こりの改善が、そのまま症状の改善に直結します。
肩こりは殆どの場合で仕事中の「姿勢」が原因とされています。
特にデスクワークを長時間行い続ける仕事の人は、合間に肩を回すだけのストレッチを行うだけでも肩こりの改善、予防となります。

スポンサーリンク

片耳に低音の耳鳴りが聞こえる原因として、携帯電話やスマートフォンの酷使も影響が大きいとされています。
携帯電話やスマートフォンを使用していると、どうしても顔が下向きの姿勢になってしまいます。
長時間下向きの姿勢でいると、首周囲の筋肉が張ってしまい「血液循環」が悪くなります。
この血液循環の悪化が耳鳴りを発生させてしまう要因となるのです。
さらに携帯電話の画面を見続けることによって、目を酷使させてしまくと、肩周辺の血液循環が悪くなり肩こりの要因となるのです。
携帯電話やスマートフォンを使用する際は、一時間に一度は必ず休憩をとりましょう。
休憩の際は必ず目を休め、ホットアイマスクなどの使用で目の周囲を温めると、目の疲れに大変効果的とされています。
また軽く首や肩周りのストレッチも行い、固まった筋肉をほぐすことも大切です。
これらの対処法を行っても耳鳴りが一向に改善しない場合は、鼓膜が傷ついていたり、耳の病気が発症している可能性が高いですので、すぐに耳鼻科で検査を行って下さい。

スポンサーリンク