耳鳴り 低音 響く 原因

耳鳴りが低音で響く病気とその原因

スポンサーリンク

耳鳴りが低音で響く場合、急性低音障害型感音性難聴という病気が考えられます。
急性低音障害型観音性難聴とは、急にゴーッという低い音での耳鳴りが発生し、耳が聞こえにくくなる症状です。
何となく気になるけど特に何もせず放置しておくと、結果として難聴になってしまう可能性あるといいます。
この病気の原因として考えられているのが、強いストレスや睡眠不足が続くこと、さらに慢性的な身体的、精神的な疲労が蓄積されることです。
定期的なストレスの発散や、疲労を貯め込まないことが原因解消につながります。
それ以外の原因として考えられるのがメニエール病です。
メニエール病は内耳のリンパ液の流れが滞って膨らんでしまい、蝸牛が音をとらえにくくなって低音が聞こえにくくなるのが原因です。
一般的には可聴域の部分でないところで行われるといわれており、響く低音の耳鳴りとして身体に感じられるといわれています。
いずれもかかってしまったら早急に病院に行ってください。

スポンサーリンク

ストレスや体調不良が原因の病気として、低い音が響く耳鳴りとなるものの一つが突発性難聴です。
突発性難聴はストレスや肩こりなどが原因と委して起こる病気といわれています。
そのため、ストレスをため込まない事、肩こりの解消にストレッチを行って発生しないよう心掛けてください。
万が一発症してしまった場合には、1週間以内に医療機関へ行ってください。
早ければ早いほど回復しやすくなります。
万が一1週間以上たったとしても、2週間以内であれば大きな病院なら治る可能性が高いといわれていますので、大学病院などで見てもらってください。
なお、人によっては完全回復が難しい場合もあります。
耳鼻科に行っても病気がわからないときには、脳外科などに行くのもおすすめです。
脳の病気で低音の耳鳴りを起こす病気もあります。
さらに動脈硬化や高血圧などの症状によっても発症しやすいといわれていますので、日ごろの食生活も駅る範囲で気をつけて塩分や糖分を摂りすぎないようにしてください。

スポンサーリンク