耳鳴り 高音 片耳 対処法

片耳で鳴る高音の耳鳴りの対処法

スポンサーリンク

耳鳴りとは、実際には音がしていないのに、高音や低温・セミの声のような音が聞こえることを言います。
なぜこのようなことが起こるのか、その原因は分かっていません。
しかし、耳鳴りから難聴になってしまうこともあるため、放置はせず、必ず診察を受けるようにします。
まず、高音の耳鳴りがする場合、老人性難聴や突発性難聴を疑います。
特に突発性難聴は、片耳でキーンと高い音がした後に、突然、耳が聞こえにくくなると言う特徴があります。
その他にも、耳閉感を伴うことがあります。
しかし、なぜ発症するのかと言う原因は、全く分かっていません。
また、誰にでも起こる可能性がある病気です。
少しでも違和感を感じたら、すぐに耳鼻科を受診します。
もし、突発性難聴と診断された場合、少しでも早く治療を開始することが大切です。
治療が遅くなればなるほど、回復が見込めなくなるからです。
また、適切な治療をしても、完全に聴力が戻る人は、患者全体の3分の1とされています。

スポンサーリンク

その他にも、高音の耳鳴りには、ストレスや自律神経失調症・脳の病気や風邪・メニエール病と言った、様々なことが原因になっている場合があります。
耳鳴りは多くの人が、両耳で起こると思うかもしれませんが、実際には片耳で起こることがほとんどです。
ただしメニエール病の場合、最初は片耳で高音が鳴っていたと思ったら、やがて、両耳で耳鳴りがするようになったと言うケースが多くなっています。
いずれの場合も、まずは病院を受診し、何が原因であるのかを見付けることが大切です。
そして、その病気を治療することが対処法にもなります。
特に、突発性難聴や脳の病気・風邪やメニエール病が原因だと分かれば、薬を服用するなどして、治療を行います。
また、ストレスや自律神経失調症が原因であるならば、出来るだけリラックスすることを心掛け、緊張をほぐすような対処法が必要になります。
また、耳のツボ押しと言った対処法も、効果があると言われています。

スポンサーリンク