耳鳴り 耳栓 効果

耳鳴りの耳栓の効果とその他の対処法

スポンサーリンク

音が聞こえないはずなのに急に音がする、といった症状が一般的な『耳鳴り』です。
原因としては大きな音を聞いていたための余韻で起こる場合や、耳が聞こえにくいため音に対して敏感になっている状態などが考えられます。
この場合は、一時的な対処法として耳栓が効果的です。
特に大音量を聞いている場合、耳栓で聞き取る音を小さくする事で、脳に刺激を与えず症状を和らげてくれる場事があります。
しかし耳栓は継続的に使うと、音に対して敏感になってしまうため注意が必要です。
選ぶ際も、専門医に相談するなどして自分に合った効果的なものを選ぶようにしてください。
また継続的に耳鳴りの症状が起こる場合は、『自律神経失調症』などの原因も考えられるため気をつける事が大切です。
症状が酷くなると『難聴』などの可能性もあるため、頻繁に起こる場合は耳鼻科か脳神経外科などで検査を受けるようにしましょう。
多くの場合は安静にして休息を取る事で症状を改善出来ます。

スポンサーリンク

一時的なものなら耳栓での改善効果も期待出来ますが、耳鳴りには『頭蓋骨の歪み』や『首や肩のこり』が原因とされるものもあります。
長時間同じ姿勢で座っている場合、特に首や肩のこりが酷く頭痛を引き起こす事があります。
この時一緒に耳鳴りを感じてしまうと考えられ、首を回すなどのストレッチでこりをほぐすと、症状が軽減される場合があります。
しかし耳鳴りを感じる際は目眩も一緒に感じる場合があるため、ストレッチの時にはゆっくり行うよう心がけてください。
少しやって目眩を感じたらすぐに止めましょう。
その場合は、温めたホットタオルなどで肩や首を温めると効果的です。
多くの原因とされる『自律神経失調症』ですが、血液の循環が悪くなり、脳機能が弱まってしまうという事が考えられます。
また免疫力も弱まってしまうため、繊細な耳の内部が細菌などで炎症を起こし、耳鳴りなどの症状を起こす事も考えられます。
放置しておくと危険な状態になってしまう事もあるため、症状の改善が見られなければ早めの専門医での受診をおすすめします。

スポンサーリンク