血管性耳鳴り ストレス 対処法

ストレスなどの血管性耳鳴りの原因とその対処法

スポンサーリンク

血管性耳鳴りとは、拍動性耳鳴りとも言う耳鳴りの一種です。
この耳鳴りの特徴は、その原因の多くが耳のそばに通っている血管が原因のため、心臓の鼓動にあわせてドクドク拍動性のある音がすることです。
また、この耳鳴りは他覚的耳鳴りなので、周りの人にも聞こえるのも特徴で、耳鳴り以外にもめまいや吐き気を伴う場合もあります。
血管性耳鳴りの原因の多くは、ストレスか、もしくは何か他の病気です。
原因となる病気としてあげられるのは、動静脈奇形、グロームス腫瘍、頭蓋底腫瘍、良性頭蓋内圧亢進腫瘍、動静脈瘻などです。
上記のように、血管性耳鳴りの原因となる病気は頭部や耳の病気がほとんどです。
また、病気が原因ではなく、まったくの原因不明の場合もあります。
原因不明と言っても、この場合は、ストレスが原因だったり、首や耳の周辺の筋肉の凝りが原因である場合が大半です。
この病気は耳以外にも頭部に問題がある可能性もあるので、非常に危険な病気が隠れている恐れがあります。

スポンサーリンク

血管性耳鳴りの対処法は、症状がでた場合にはできるだけ早く行くことです。
病気以外が原因の場合も多くありますが、なにか重大な病気が隠れている場合も少ない少なくないため、血管性耳鳴りになったら、まず病院でしかるべき検査を受けて治療するのが、一番の対処法です。
また、もし検査をうけて病気がみつからなかった時は、ストレスが原因の場合が高くなります。
ストレスが原因の場合の対処法としては、できるだけストレスを解消をするようにしたり、リラックスする時間つくるようにすることが大切です。
ツボ治療や鍼灸治療も効果があります。
また、過剰に気にしすぎるとストレスになってしまう恐れがあるので、病気が原因でない場合は、あまりに気にしすぎないようにしてください。
さらに、食生活などにも注意しなけれなりません。
血管性耳鳴りがおこった場合は、とにかくまずは病院に向かうようにし、その原因にそった治療を受けるようにすることが一番です。

スポンサーリンク