音響外傷 生活上の注意

音響外傷の生活上の注意点

スポンサーリンク

近年、若年層に増えているのが音響難聴で、ヘッドホンやイヤホンのボリュームを上げて大音量で音楽を聞くことが原因の1つです。
音響外傷は内耳の蝸牛にトラブルが起きることによる感音難聴でもあり、耳がキンキンと痛み、その後の話し声や周囲の音が聞こえづらくなるケースがあり、軽度の一過性音響外傷の症状に該当します。
一過性の場合には時間の経過と共に有毛細胞の機能が回復しますが、慢性化することによって痛みや難聴を伴うなど、治療や手術が必要となるケースも挙げられています。
ヘッドホン難聴とも呼ばれている現代病の1つであり、毎日のように蝸牛内にダイレクトな音量の刺激が加わり、有毛細胞に傷がつくことで耳鳴り・耳の詰まり・痛みを招きます。
また、低高音などのある音域のみが聞こえなくなるケースも挙げられており、症状は深刻化しやすいのも特徴です。
慢性化しやすい原因の1つには、音楽業界に携わるなどの職業病も挙げられており、難聴の進行具合も早いために職業性難聴では騒音対策として耳栓など、大音量をシャットアウトする対策が指摘されています。

スポンサーリンク

また、音響外傷を誘因すると指摘されているのが肉体的過労であったり、精神的ストレスなども挙げられています。
時間の経過と共に回復するものの、生活上の注意としてはボリュームを上げて音楽を長時間聞き続けることを避けることや、周りの音がシャットアウトするほどの機能性能の高いヘッドフォンの装着は避けることも大切です。
また、成人の男女の場合の生活上の注意点として、コンサートやクラブで飲酒しながら身体を揺さぶる行為でも音響難聴を発症しやすくなり、スピーカーなどの機器の周囲から離れることも重要です。
また普段からできる対策として、連続1時間以上の音楽の試聴を避け、自然環境の中での休息も必要です。
生活上の注意点として、お子さまの場合にはヘッドホンや携帯音楽プレイヤーなどの機械をあたえず、体調が悪い状態では音楽を聞くことを控えさせます。
ボリュームを絞ることが大切で、目安としては外部の会話や音が聞こえることや、イヤホンなどをつけたままでも会話が成立することなどが挙げられます。

スポンサーリンク