耳鳴り 両耳 キーン

両耳がキーンとなる耳鳴り

スポンサーリンク

音は、外耳道から集められた空気の振動を中耳や内耳へと伝え、カタツムリの形をした蝸牛器官で電気信号に変換され、聴神経から大脳へと伝わって振動が音として変換されています。
耳鳴りが起こるメカニズムは未だ解明されておらず、音が伝わる経路の異常によるものだと指摘されています。
無音であるにも関わらず、両耳にキーンという金属音が聞こえる聴覚トラブルも男女問わず悩まさている内容です。
感音での異常によって聴力が低下してしまいやすく、その低下した聴力を高めるために脳内では電気信号の感度を飛躍的に高めるため、通常では受信する必要性のない電気信号を耳がキャッチし、キーンとなる耳鳴りが引き起こされています。
また、高い音響によっても両耳がキーンと鳴る場合があり、内耳の障害が原因であるケースが多い特徴が挙げられています。
耳鳴りがする場合には耳鼻科にて検査を行い、回復機能を高める治療が施されますが、若年層に増えているのが音響難聴で、耳鳴りと難聴の両方を伴うのが特徴です。

スポンサーリンク

自覚症状を感じやすいのも特徴ですが、無難聴性耳鳴などを引き起こす場合もあるため、検査を受けることは大切です。
検査には両耳の音の聞こえ方を調べる聴力検査をはじめ、音の大きさや高さを調べたり、鼓膜や内耳や中耳に異常がないのか、さらには聴神経や脳に異常が生じるケースも考えられるため頭部の検査なども行っています。
原因によって適切な治療が行われるものの、ストレスなどによる誘因も近年問題視されており、緩和に適した漢方薬による治療も提案されている内容です。
また加齢による難聴を伴う耳鳴りがある場合には補聴器を用いることにより、症状を軽くすることも挙げられている内容で、1人1人の症状によっての治療法が展開されています。
また昼夜問わず、様々な場面で症状に見舞われるために睡眠不足や集中力の低下などにも見舞われやすくなる問題点も挙げられています。
そのため、生活の質を向上させることは重要視されており、心身のバランスが整うことで軽度の症状を緩和させることは可能で、入浴やアロマの香りなどのリラクゼーション効果が最も改善策に適していると注目されています。

スポンサーリンク