緊張型頭痛 耳鳴り 症状

緊張型頭痛の症状と耳鳴り

スポンサーリンク

緊張型頭痛の症状の一つに、耳鳴りがあります。
通常、耳鳴りはキーンという甲高い音やピーという機械音のような音が短時間で聞こえることが多いです。
耳鳴りは自分にしか聞こえないもので、長く続くことはありませんが繰り返し起きたり何かの拍子に聞こえたりすることがほとんどです。
耳鳴りは、首や頭との関係が強く耳に異常がない場合は頭や首に異常がある場合が多いです。
緊張型頭痛というのは、頭に異常は何もない場合が多いですが疲れから頭から首にかけて血行不良となっていていてそれが原因で頭痛やめまいなどの症状が起きます。
長時間同じ姿勢で作業をするデスクワークの人や、パソコンを使った職業の人などに多いと言われています。
精神的なストレスが強い人は知らない間に肩や首が凝って緊張型頭痛になっていることがあります。
また、運動不足である人も症状が出やすい傾向にあります。
女性の場合は、締め付けの強い衣類などの影響を受けていることもあります。

スポンサーリンク

緊張型頭痛の症状を改善するには、長時間の作業をする際には適度に休憩をはさんで首や肩の筋肉が凝らないようにすることです。
ストレスを解消してリラックスすることが大切です。
適度にストレッチなどをすることも効果的であると言えます。
また、血行を促進するために首や肩を温めることも大切です。
入浴する際には肩や首まで浸かるようにして、なるべく温めるようにします。
通常は、生活習慣を改善して首や肩がこらないように気を付けることで緊張型頭痛は起きにくいと考えられています。
耳鳴りがいつまでも続いたり、症状が改善されないような場合は早い段階で耳鼻咽喉科や脳神経外科などを受診して詳しく検査してもらう必要があります。
緊張型頭痛は血行が悪くなりやすい冬場に症状が出たり、悪化しやすい傾向にあるため予防のためにも日頃から血流を良くして冷え性にならないように配慮することも大事です。
ホットタオルなどで集中的に温めることも効果的です。

スポンサーリンク