首こり めまい 何科

首こりからくるめまいの症状が出た場合は何科を受診するべきか

スポンサーリンク

まず、めまいには大きく分けて4つの症状に大別できます。
肩凝りから来る危険度の高くないめまいもありますがその他大きな病気の原因になるものもあるかもしれませんので無視してそのまま放置したりするのは大変危険です。
どうして首凝りからめまいが起きてしまうのかというと、人間の身体は視覚や聴覚・筋肉や関節から脳に送られてきた情報により平衡感覚が保たれますが、これらのどこかが支障をきたすと平衡感覚のバランスが崩れめまいが起こる原因となってしまいます。
交感神経の緊張によるものであり肩回りの筋肉が凝ると副交感神経も緊張してしまいそれにより脳や耳への血液が減ってしまう為、内耳の三半規管をつかさどる平衡感覚のバランスが崩れめまいが引き起こる原因となります。
筋肉の緊張による肩は頭と首に繋がっているので肩回りの筋肉が凝ると同時に頭周辺の筋肉も凝ります。
そして、緊張型頭痛を感じるようになりこの緊張型頭痛が動揺性目眩・浮動性目眩の原因となります。

スポンサーリンク

肩凝り・首こりからくるもので自分自身が回っていたり、周囲が回っている様な感じがするものを回転性目眩といいます。
病気関連として脊髄脳底動脈循環不全により目眩が起こる事も多々あります。
これらはゆっくりと進行する病気が原因の一つとなっていることもあります。
運動不足や冷え性や長時間同じ姿勢で過ごすことが多いと体内で血行不良が発生して筋肉が緊張し首こりの原因になってしまう。
首こりとめまいが同時に起きてしまう原因は隋骨動脈の血流障害、脊髄骨棘による動脈圧迫、交感神経の異常、小脳、脳幹への圧迫とされています。
こんな症状が出た場合には何科を受診するべきなのでしょうか受診する科については整形外科(治療上では主にくびですが首こり肩こりが気になる方)神経内科(首や肩凝りの他の症状も心配な方)目眩やふらつき、手腕への痺れあったり力が入らないなどのしょうじょうでは筋肉や脳や神経や脊髄に異常がないかなどの検査をします。
結果により何科を受診するか決まりますが症状の原因が脳であれば脳神経外科へ受診することをお勧めしますが何科を受診するか分からない方は受付に聞いてみることがいいかと思います。

スポンサーリンク