目眩と吐き気 原因

目眩と吐き気の原因と対処法について

スポンサーリンク

突然立ちくらみがする、気持ち悪くて身体がふわふわするなどといった目眩の症状が起こる時があります。
一般的に目眩には種類があり、多いものは『目がぐるぐるする』といった回転性のものになります。
他に『頭がふわふわする』といった浮動性のものや、『目の前が暗くなる』といった症状があります。
回転性の目眩は、吐き気も一緒に引き起こしてしまう事が多いです。
目眩と吐き気を感じた場合は、動かず安静にするようにしてください。
目眩の原因は様々な事が考えられますが、症状によって可能性のある病気の種類が違ってきます。
目眩と吐き気を同時に感じた時は、中枢神経の病気の可能性が考えられるため、症状が治まらない場合はすぐに専門医での診察を受けましょう。
また目の前が真っ暗になるといった『立ちくらみ』を頻繁に起こす場合は、心臓や血管の異常が考えられるため注意が必要です。
酷くなると失神するという状態になり兼ねないため、症状が現れたら病院で検査を受ける事が大切です。

スポンサーリンク

目眩と吐き気の原因はひとつではなく、多くの原因が重なって起こる事が多いです。
一般的なものは、日頃のストレスや生活習慣、睡眠不足などが原因とされています。
日頃からストレスを溜めないようにして、規則正しい生活をする事で、症状を改善出来る場合があります。
睡眠不足や、疲れが溜まっていると感じたら、自分の生活習慣を見直してみる事も改善策のひとつです。
目眩と吐き気の症状が出た場合、第一に楽な状態で安静にする事が重要です。
症状が酷くなると、失神やメニエール病などの可能性も考えられるため、しばらく安静にしても回復しなければ専門医に診せるようにしてください。
また、日頃から頻繁に症状が起こる場合も注意が必要なため、継続的な目眩と吐き気を感じた時は検査を受ける事が大切です。
日頃の自己管理で症状を改善する事は可能です。
ストレスや睡眠不足、栄養不足など気になる時は、生活習慣から見直す事が大切です。
適度な睡眠と、バランスの良い食事を摂る事を心がけましょう。

スポンサーリンク