めまい 気持ち悪い 原因

めまいで引き起こされる気持ち悪い症状の原因

スポンサーリンク

忙しくて疲れているときや、急に起き上がったり立ち上がったりしたときに、ふらふらっとしたり、気持ち悪いなと思った経験は誰しもあると思います。
特に良く聞くのが、低血圧の人は寝起きにめまいが起こりやすいということです。
まずはめまいの仕組みや原因を簡単に知っておきましょう。
一口にめまいといっても、それには様々な症状があります。
たとえば頭痛や耳鳴り、ふらつきや嘔吐感をはじめとする気持ち悪い症状などが挙げられます。
これらは主に血液が、特に頭に十分に行き渡っていない時に引き起こされます。
低血圧の人がこれらの症状によく悩まされる理由がこれでわかります。
寝起き時や座った状態から立ち上がったときにふらついてしまうのは、今まで静止していた体が急に動き始め、そのための血液が十分に体に行き渡るのが遅れた結果、酸欠や貧血に近い状態となって症状が引き起こされるためです。
これらはただちに深刻な病気になることはないので心配はいりませんが、日常的に続くのは辛いものです。
そこで、有効的な対策を考えていきましょう。

スポンサーリンク

めまいをはじめとする様々な症状を緩和させるためには、日常生活において疲れやストレスを溜め込まないことが一番の改善策です。
低血圧を改善することも有効だと思いますが、こればかりは個人個人の体質や程度があり、それによって対策も変わってきます。
それでも一般的に全員に共通する解決策は、生活習慣を改善することです。
特に食生活は重要で、3食しっかり食べることが鉄則です。
しっかり食べることは1日通して体温を上げ、さらに集中力を持続させることが知られています。
逆に言えば、食事を抜くことは集中力を低下させ、血液を通して十分栄養が行き渡らないので、1日中ボーッとしてしまう原因となります。
これが習慣になると、めまいや気持ち悪い症状が出るようになります。
食事はきちんとバランス良くとるようにしましょう。
運動を習慣付けることも効果的です。
低血圧の原因のひとつとして、運動不足が挙げられます。
運動によって低血圧を改善させ、さらにストレス解消にもなります。
このように、めまいは生活習慣の改善によって緩和させることが可能ですが、万が一でも別の病気の可能性もゼロではありません。
継続して長期間続くのであれば、掛かり付けの医療機関に相談するという選択肢も常に持っておきましょう。

スポンサーリンク