めまい 吐き気 冷や汗 便意

めまいの症状=吐き気、冷や汗、便意の原因と対処法

スポンサーリンク

めまいの症状には、3種類ある。
一つ目はグルグルと目がまわる回転性のものです。
・自分自身がグルグルと回っているように感じる・周囲がグルグル回っているように見える急に発症し、吐き気、嘔吐、難聴などを伴います。
耳の異常が原因となって起こり、放っておくと難聴にもなり兼ねません。
脳出血や脳梗塞が原因で起こる場合もあります。
2つ目は、フワフワとふらつく浮動性のものです。
・体がフワフワしてふらつく・まっすぐ歩けず、姿勢をうまく保つことが出来ない急に、あるいは徐々に症状があらわれます。
頭痛やしびれ、運動麻痺など神経に関する症状を伴い、脳の異常が原因で起こります。
3つ目は、立ちくらみのようなクラッとするものです。
・立ち上がるとクラッとなり、目の前が暗くなる・失神する血圧の変動に関する全身性の病気が原因として考えられています。
そしてめまいには、冷や汗に悩まされているケースがあります。
めまいと冷や汗の症状には更年期障害と症状がよく似ているといわれています。
このような場合には、婦人科で診察を受けて、副作用のない漢方薬を服用することで、ゆるやかに効果が発揮されます。
漢方薬を服用することで冷や汗は改善されることがあります。

スポンサーリンク

また、めまいが起こることで吐き気の症状があらわれることがあります。
吐き気の症状が起こるケースに多く考えられるのが、良性発作性頭位めまい症です。
患者の3分の1がこの病気だとも言われています。
めまいと共に、吐き気や冷や汗、便意を感じることがあります。
これらの症状がみられた場合には、メニエール病の可能性が高く、男性よりも女性に起こることが多いです。
主に自立神経が乱れてしまう病気となっており、その影響で聴力も低下し、便意を感じることなどが特徴となっています。
この病気は自覚症状が無いことが多い病気であり、他人に指摘や耳鼻科で診察を受けることで初めて発見することが多いです。
診断方法は聴力検査が中心となっていることが多いですが、同時に体の平衡感覚などを調べることもあります。
ビタミン剤や自律神経調整剤が薬として処方されることが多いです。
このような薬を服用することにより、吐き気や冷や汗、便意などの症状も合わせて緩和できる流れとなっています。

スポンサーリンク